クルーデザイン

Webの勉強をしよう!Web制作の技術やサービス情報を発信します。

jQuery

jQuery ブロックレベル要素をリンクにしたい(aタグで囲まない)

投稿日:2017年12月19日 更新日:

インライン要素をブロックレベル要素で囲ってはいけないというHTMLの文法規約があります。
そのため、divで作ったグローバルメニューなどをaタグで囲むことができません。
※実際は動作する場合もありますが、「特定のブラウザで動作しない」「ブラウザのバージョンアップで動作しなくなった」などの不具合が予想されます。

次のようなHTMLはNGとなります。

divはブロックレベル要素であるため、インライン要素であるaタグで囲ってはいけません。

どうしてもブロックレベル要素をリンクの様に扱いたい場合は、少し複雑なCSSを記述する必要があります。
親要素のpositionを設定して、aタグの横幅を100%にして・・・とかなり面倒です。

今回はCSSでは無く、jQueryを利用してブロックレベル要素をリンクにしたいと思います。

結論から言えば、aタグを利用せずに画面の遷移をjQueryで行います。
ブロックレベル要素がクリックされたら、指定したURLへ移動するという処理をjQueryで作成するイメージです。

HTML(ブロックレベル要素をリンクにしたい(aタグで囲まない))

リンクにしたいブロックレベル要素に「menu-item」というクラスを追加します。

次に「data-url」という属性と値を付加します。
値には画面遷移したURLを記述します。

jQuery側では上記の2つを使って「menu-item」がクリックされたら「data-url」の値のURLに画面遷移する、という処理を作ります。

スクリプト(ブロックレベル要素をリンクにしたい(aタグで囲まない))

[ 2行目 ]
「menu-item」がクリックされた時のイベントとして記載。

[ 3行目 ]

クリックされた「menu-item」の「data-url」に入っている値の画面に遷移する。

 

以上、ブロックレベル要素をリンクにする方法は、いくつかあると思いますが、今回のjQueryを使う方法が一番簡単かつ確実だと思います。
良ければ試してみてくださいね。

-jQuery

執筆者:

関連記事

jQuery プラグインlazyload.js(画像の遅延読み込み)

スクロールすると画像がふわっと表示されるようなサイトを良く見ますよね。 あれは画像の遅延読み込みという事をしているそうです。 ページロード時にでは無く、スクロールで特定の位置に来た時に初めて画像を読み …

jQuery ローカルストレージ で入力値の保存と読み込みをする

ブラウザごとに値を保存しておくことができるローカルストレージについて学びたいと思います。 ブラウザの機能として提供されているものなので、特別なものは不要です。 クッキーとは少し違い、保存の有効期限など …

jQuery CSSクラスの追加と削除

jQueryを使うとHTMLやCSSだけでは実現できないような動きをサイトに付けることができます。 今回は例としてボタンクリックされた時に「CSSのクラスを追加」もう一度クリックすると「CSSクラスを …

jQuery アコーディオンメニューを自作サンプル(slideToggle)

クリックすれば開閉される「アコーディオンメニュー」は良く使うと思います。 プラグインも多く出ており簡単に実装することができますが、プラグインだとデザインを変更する時に苦労したりします。 プラグインから …

CSS Animate.css の基本サンプル(通常・クリックされた・マウスオーバー)

テキストだけのサイトだと「さびしい」「少しだけ動きが欲しい」という場合には「Animate.css」が便利です。 Animate.cssは、あらかじめ定義されているクラスを追加するだけで要素にアニメー …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。