クルーデザイン

Webの勉強をしよう!Web制作の技術やサービス情報を発信します。

CSS

CSS liタグ の不要な行頭マークを削除する(サンプル付き)

投稿日:2017年12月26日 更新日:

liタグはよく利用しますがデザインによっては行頭のマーク「・」が邪魔になることがあります。
このマークはCSSで簡単に削除することができます。

HTML側

「ul」にクラス名を付けておきます。
「li」ではなく「ul」であることに注意です。

CSS側(list-style:none)

「list-style」という属性に「none」を設定します。
この1行だけでliタグの行頭「・」が削除されます。

注意点としては行頭の「・」は削除されましたが空白の領域が残っています。
これは「padding-left」を「0px」にすることで解決できます。

CSS側(行頭「・」と空白を削除する)

簡単ですね!
サンプルも作りました。

-CSS

執筆者:

関連記事

CSS テキストボックスのフォーカス時の青枠を無効にする

もしかするとChromeだけかもしれませんが、テキストボックスや画像にフォーカスされた時に青い枠が出てしまいます。 ↓こんなのです。 違和感がありますので、解除する方法を調べました。 CSSの設定のみ …

CSS Animate.css の基本サンプル(通常・クリックされた・マウスオーバー)

テキストだけのサイトだと「さびしい」「少しだけ動きが欲しい」という場合には「Animate.css」が便利です。 Animate.cssは、あらかじめ定義されているクラスを追加するだけで要素にアニメー …

CSS 設定値の初期化(サンプル付き)

CSSフレームワークやプラグインのCSSをどんどん追加していくと、通常のタグに影響が出てしまう場合があります。 元のCSSを改修すれば良いのですが、影響が大きい場合や時間が無い場合があるかと思います。 …

CSS ブロック要素(div)の内側に枠線を引く(box-sizing)

きっちりとブロック要素の幅を指定していたのに、枠線を引いたとたんレイアウトが崩れることがあります。 レイアウト崩れが起こる原因 これは、枠線はブロック要素の外側に引かれるためです。 例えば、横幅「10 …

CSS 画像の上に文字を重ねて表示させる(サンプル付き)

今回は画像の上に文字やタイトルを重ねて表示してみましょう! 少しオシャレで良い感じですよね。   こんな仕組みのものを作ります 画像をきっちりと囲む領域を作り「position:relati …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。